形式の変化

十字架

「死」は突然誰にでも訪れるものです。愛する人を亡くしてしまうことは本当に辛い経験です。
また、愛する家族を亡くした方の葬儀に参列することも突然訪れることでしょう。そのような時に備えて事前に葬儀の流れを理解しておくことは有益です。
ここでは、一般的な仏式の葬儀の流れを説明いたします。会場についたらまず着席します。
近親者は祭壇に向かって右側、その他の参列者は左に着席します。次に僧侶が入場します。
着席後、司会者が開会の挨拶をします。その後、通常30分程読経します。
読経後祝辞を披露します。次に僧侶が焼香し、再度読経している間に近い間柄から順番に焼香することになります。
想い出スライドショーを行うケースも増えています。最後に喪主が挨拶し終了です。

もしも先に述べたような葬儀を自宅で行う場合には、来客者が寛げるような空間作りや祭壇などを設置するのに時間や労力をかけたり、滞りなく葬儀を進めるために喪主側が気を配らなければなりません。
受付も自分達で準備しなければなりません。
専門の葬祭業者を用いるならば、愛する家族との別れに思いを集中することができます。
葬儀お通夜に関して決めるべきことを、スタッフと一緒に決めることができますので安心です。
会場を利用すれば、自宅を急きょ片づけたりする必要もありません。
参列者への会場への案内もスタッフが手助けしてくださいますし、当日も司会していただけますので流れもスムースに進めることができます。
是非サービスの良い信頼できる業者を利用しましょう。