一般的な費用

十字架

冠婚葬祭で高額な費用がかかると言えば、結婚式と葬儀だと思います。
結婚式は事前にある程度わかっており用意もできますし、開かない方や家族・親戚だけで開くことも可能です。
一方葬儀はある程度わかる場合もありますが、交通事故等で急に必要になることもあります。
費用も100万を超える場合も多々ありまた、相続の手続きなど家族一段となって苦労させられます。
相続の場合、相続の権利がある方全員の印鑑証明が必要となります。
これは後でもめないためです。
銀行口座も本人でないためストップされますし、資金面でも家族に負担が来ます。
費用は行う規模により各々です。
特に最近多い家族・親類だけで行うものは安価ですが、場所を借りる必要があるためやはり数十万はかかります。

事故等で急に無くなった場合は難しいですが、死期の近い高齢者であれば自分で葬式会場や費用を工面し事前に契約することもできます。
遺言により意思をはっきり伝えることもできますし、銀行口座も止めないこともできます。
銀行口座を止めない簡単な方法は、キャッシュカードと暗証番号を家族の方に伝えておくことです。
窓口で一気に引き出そうとしても本人の代理証明書や電話での確認が必要となり死亡していることがわかる場合があるため、避けた方がいいです。
保険やどの銀行に預金があるか、株等はどうであるかそのようなことを亡くなる前に本人に一覧として記載してもらうことをお勧めします。
銀行であれば良心的なところであれば数年たてば確認のはがきが来ますが、一般的なところは口座は忘れられたままになることもあります。