参拝している人達

形式の変化

お寺

家族葬や密葬、直葬など、一般的な葬儀の形式以外にも葬式の形式は多くある。人それぞれ儀式の形式は変化するので、それに合わせて形が用意されているのである。こうした変化は家族の形態の変化と関係している。

Read more

準備をする

キリスト教

いざというとき慌てないために、事前に葬儀の準備をしておくことも可能である。今では生前葬なども行われている。また、エンディングノートなどを書き記すということも広まっている。

Read more

大規模な場合

小さな墓地

親しい人や家族のみで葬儀が行われ、ひと通りその式が終わった後に行われる式もある。それが社葬や合同葬、お別れ会などである。その場合、式の費用も弔問客の数も一般的なものとは異なってくる。

Read more

一般的な費用

喪服の二人

葬儀は大掛かりなものとなればなるほど費用がかかってくる。儀式は残された人のためのものなので、満足がいく式にするためには費用は惜しまない方が良い。この時も、一般的な相場を知ることは大事である。

Read more

満足のいく式にする

十字架

自分が亡くなった後のことを知ることは不可能である。
しかし、その時のために準備をすることはできる。
人の人生は必ず終わりを迎えるものである。そのことが分かっているのであれば、できるだけのことを整えることができるはずである。
なぜできるだけ整えるのかというと、家族や周囲の人のためである。
亡くなった後のことを面倒を見てくれる人がいないのであれば、自分でその後のことについてあらかじめ決めておくことができるのである。
そうした人のために、葬儀会社は色んなプランを用意している。
遺言や前もって葬儀社との相談をすることで、そのときを迎えることができる。

また、周囲の人や家族も葬儀のことについて最低限知っておく必要がある。
人が亡くなれば、その国の形式で火葬か土葬をする必要がある。
そして、その後はお墓などを決め、法要もどのような形式をとるか決めることになる。
そうした手続きは実に細々としたものとなる。
このため、そのときになって慌てることがないように、できるだけ心構えをしておく必要がある。
人を弔うためには当然お金もかかってくる。
葬儀社へ支払うお金、弔問客に手渡すお返し、棺のグレードによっても費用は変わってくる。その人のために行なう葬儀ではあるが、予算というものも念頭に置いておかなければならない。
費用などの実務的なものがスムーズに済めば、その人に対して満足のいく葬儀をしてあげることが可能になる。